ベヒシュタイン

  1. 取扱商品 >
  2. ヨーロッパピアノ >
ベーゼンドルファー

ベヒシュタインは、スタインウェイ、ベーゼンドルファーと並んで、世界三大ピアノメーカーに数えられるドイツのピアノ製造会社です。

ベヒシュタインは1853年、カール・ベヒシュタインによってベルリンで創業しました。「ピアノのストラディバリウス」と呼ばれるほどの名器で、第2次世界大戦前は日本における最高のピアノの代名詞でした。ベヒシュタインについてフランツ・リストは「28年間貴社のピアノを弾き続けてきたが、ベヒシュタインはいつでも最高の楽器だった。」クロード・ドビュッシーは「ピアノ音楽はベヒシュタインのためだけに書かれるべきだ。」と言う言葉を残しています。 また、セシル・テイラー、チック・コリアなどジャズピアニストにも度々使用され、クラシック界に留まらず、その演奏性は高く評価されています。

ベヒシュタインピアノの特徴は、ひとつひとつの音が濁らない分離感、音の立ち上がりの早さにあります。また音色に透明感があるので、演奏者のイメージがそのテクニックによって的確に表現できると言われています。「ピアノの音色はピアニスト自身が作り出すもの」という考えの下、ベヒシュタインピアノは完全なる中立音を目指した設計がなされています。構造的な特徴としては、ピアノの音は響板で作るというコンセプトを核として、高音部に総アグラフ式(全ての弦がアグラフと呼ばれる穴の開いたピンの中に弦を通す方式)を採用し、これによりフレーム(鉄骨)と弦を完全に分離することで金属的な雑味を無くし、立ち上がりの早いクリアな音色を実現しています。こうした響き方は鉄のフレームを鳴らすというスタインウェイの豪奢なそれとは対照的です。


旭堂楽器店おすすめのベヒシュタインの商品

※価格は税抜表示です。

このページのトップへ