ピアノの調律・メンテナンス

  1. TOP >
  2. ピアノの調律・メンテナンス >

調律は確かな技術と実績でお選びください!

ピアノの調律で、演奏する曲が変わります。
分からないからと言って、いい加減にしていませんか?
調律は、確かな経験と実績がないと安心できません!
創業90年の当店技術スタッフにお任せください!
●電話受付
075-231-0538
営業時間:あさ9時~よる7時まで 月曜平日定休

ピアノは少なくとも1年に1回のメンテナンスを! 

大切なピアノをよい状態で、長持ちさせるためには日頃のメンテナンスを欠かすことはできません。


ピアノ調律のイメージ

調律

ピアノの音律を正しくする事です。ピアノには約230本の弦が張ってあり、1本につき約80kgの張力がかかっています。全体では20トン近い力が常にかかっているのです。それを支えているのが裏の支柱と内部のフレーム(鉄骨)です。

たとえ使用しなくても、温度・湿度の変化により伸縮を繰り返し徐々に音が狂っていきます。少なくとも、1年に1回の調律が必要です。

長期間放置しておくと張力のバランスが壊れピアノ全体にひずみがくる事もあります。

整調

鍵盤も含め、ピアノの打弦機構(アクション)にはさまざまな材料が使われています。

金属、木材、フェルト、皮、プラスティック等々。長い間の使用により、部品の変形、運動量の変化等、新品時とは異なった状態になっていきます。知らないうちに弾きにくいピアノになっていることが多いのです。

当初の状態に戻す作業を整調といいます。中には部品の交換等、修理になるケースもありますが、整調によって見違えるように弾きやすくなることが多々あります。使用状況にもよりますが数年に一度は整調をなさることをお勧めいたします。

整音

整音とは、主としてハンマーに加える作業です。

ピアノは使用により徐々に音色が変化していきます。ハンマーフェルトの変化によることが多いのです。耳障りなキンキンした音色、立ち上がりのザラついた音 色、ぼやけた音、キーによって音色にバラつきがある、ppとffで音色の変化に乏しいピアノ。それらを理想の音に近づける作業を整音といいます。

よいピアノであればあるほど、念入りに整音作業を行えばこれが今までのピアノかと耳を疑い驚かれることも少なからずあります。

今お使いのピアノの音に不満をもたれておられるなら一度、整音作業を受けられるといかがでしょうか。

※整調・整音作業については、さまざまなピアノの状態がありますので、見積もりを取られると安心かと思います。旭堂楽器店では、京都市内近郊のピアノのは無料見積もりをさせていただいております。

メンテナンスの料金について

調律

アップライトピアノ12,000円
(1年空く毎に1,000円up/上限24,000円)
グランドピアノ14,000円
(1年空く毎に1,000円up / 上限28,000円)
コンサート調律(グランドピアノ)16,000円

修理

ピアノクリーニングアップライト42,000円税別・グランドピアノ70,000円税別より
(外装及びペダル、蝶番等金属部分磨き上げ、鍵盤バフ掛け、清掃)
  • 象牙鍵盤漂白、キズ修理、部分塗装、アクション修理、運賃などは別途。
  • 見積もりは無料でさせて頂きます。
  • 表示価格は全て税別です。
  • 運賃などは別途頂戴いたします。

お問い合わせ先

お電話でも受付しております!
TEL 075-231-0538
営業時間:あさ9時~よる7時まで 月曜平日定休

ピアノ調律・メンテナンスのお問い合わせ


このページのトップへ